fc2ブログ

【新刊】『歩天歌 中国天文気象小説集』

歩天歌

『歩天歌 中国天文気象小説集』
著者:添田健一
装画:松下利亜
発行:行雲流水
頒布:第34回文学フリマ東京
日程:2022年05月29日(日)
価格:500円
判型:A6(文庫本)
頁数:124ページ

天文と気象をからめた中国史を題材にした小説短編集。 
「そえもの」「そえぶし」「そえたび」に続く第4短編集。5作品収録。
 
【収録作品】歩天歌 
      飛来酔石 
      大都の球体 
      鳳翔太白山祈雨縁起 
      鳥占いし女 ~蜃気楼

収録作品のくわしい内容はこちら。裏表紙と本文抜粋文もあります。

【購入方法】
『歩天歌 中国天文気象小説集』は、下記の書店様の店頭もしくは通販にて取り扱っていただいております。
 ・盛林堂書房(著者署名落款入り)
 ・東方書店
 ・架空ストア
 ・BOOTH
飛来酔石
スポンサーサイト



『歩天歌 中国天文気象小説集』収録作品と本文抜粋

改めまして、『歩天歌 中国天文気象小説集』の収録作品の詳細です。
装画は松下利亜さんです。
歩天歌

【収録作品】
  歩天歌 
  飛来酔石 
  大都の球体 
  鳳翔太白山祈雨縁起 
  鳥占いし女 ~蜃気楼 

 表題作「歩天歌」は掌編なので紹介文はありません。

「飛来酔石」
 南宋の世。江南の霊隠寺の破戒僧である大男の道済は経も読まず、肉を喰らい、日がな酒浸り。そんな荒くれ者の道済があるとき、婚礼の場から白昼堂堂、花嫁泥棒を。挿画は松下利亜さんです。

「大都の球体」
 14世紀半ば。貧農出身の朱元璋は中華の南半分をほぼ統一。皇帝に即位し「大明」と号する。首府大都を中心に北の地に根ざす元王朝打倒のため、北伐の軍を起こす。総帥は大将軍、徐達。正攻法の守将の異名をとる徐達の立案した華北奪還、蒙古駆逐の策とは。

「鳳翔太白山祈雨縁起」
 中国北宋時代。はじめて官途に就いた若き日の蘇軾は軍都の鳳翔に赴任する。中央の過酷な通達に苦しむ鳳翔の実態を目にした蘇軾は、賢良な才で次次と難事を解決する。だが、今度は晴天続きから、旱魃の危機が迫り来る。はたして蘇軾は雨を降らせ鳳翔の地を救えるのか。

「鳥占いし女 ~蜃気楼」
 鳥占いという鳥礼の儀式を司る巫祝の一族の少女ラアが、旅の途上の船待ちの港で出会った不思議な事件の数数。海上の蜃気楼。晴天続きで海も静かなのに、どうしてだか船は出ず、ラアは六日も足止めをされたまま。ラアが鳥占いで海鳥を呼び寄せると。

 裏表紙の画と本文抜粋文は「飛来酔石」より。
飛来酔石
 
 涼しい風が吹き抜けた。風がやんでから、若者はひと息に告げる。「その婚礼の式場から、花嫁をさらって連れだしてほしいのです」
 道済は酒臭い長い息を吐いた。こちらもひと息に応じる。「断る」若者に向きなおる。「見くびってもらっては困る。おれはこれでも一介の禅僧だ。ひと助けならばともかく、さように乱暴な所業に手を貸すつもりはない」
 若者は小さく首を左右に振る。やんわり説く。「道済どのは勘違いをされている。花嫁をさらうのは、ひと助けなのだ」頭巾を取る。
(「飛来酔石」より)

添田健一作品のオンライン通販先一覧

添田健一の作品のオンライン通販先をまとめて記載いたします。
(2022年7月時点。リンク先にて品切れの際は相済みません。)

【新刊】短編集「歩天歌 中国天文気象小説集作品紹介

『墨妖』作品紹介
  [東方書店][架空ストア]
『迷迭香』 
 第一巻迷の巻[東方書店][架空ストア] [BOOTH]作品紹介
 第二巻迭の巻[東方書店][架空ストア] [BOOTH]作品紹介
 第三巻香の巻[東方書店][架空ストア] [BOOTH]作品紹介
『キリンライナ 明の鄭和艦隊』
 上下巻セット[H.A.B]
 上巻[東方書店][架空ストア][盛林堂書房] [BOOTH]作品紹介
 下巻[東方書店][架空ストア][盛林堂書房] [BOOTH]作品紹介
短編集「そえもの 添田健一物語集」作品紹介
 [amazon]電子書籍 0円
短編集「そえぶし 添田健一武侠志怪小説集」作品紹介
短編集「そえたび 添田健一旅小説集」作品紹介

第7回文学フリマ大阪 委託販売のお知らせ

 第7回文学フリマ大阪2019/09/08(日) 11:00〜17:00開催。会場:OMMビル(大阪府)2F B・Cホール入場無料)。
 春秋梅菊さんのお店「龍の髭」(G-36)(ジャンル:小説|歴史・古典)にて、添田健一の書籍を委託として扱っていただけることになりました。ありがとうございます。
 「龍の髭」では、中国を舞台とした小説&中国文化紹介本を扱われています。

 以下の既刊5点になります(書籍の詳細は各リンク先参照)。

 当日、添田は会場にはうかがえませんが、春秋梅菊さんと「龍の髭」にぜひ、足をお運びください。

キリンライナ上下IMG_20190901_093202.jpgIMG_20190901_093217.jpg

キリンライナ@H.A.Bookstore

 マンガ家の玉川重機さんが描かれたキリンライナの装画は、2019年8月末まで(予定)都内蔵前の新刊書店H.A.Bookstoreさんにて展示となりました。蔵前にお越しの際はぜひお立ち寄りください。

 また、同書店では『キリンライナ 明の鄭和艦隊』の通販もはじまりました。上下巻セットで購入できます。こちらです。

D9uSXGcU4AA9d0T.jpegD9uSX3qUwAA1Ayn.jpeg
プロフィール

そえ

Author:そえ
 都内杉並区西荻在住。添田健一名義で、中国史をはじめとした歴史小説、ファンタジーを書いています。
 著書『墨妖』『迷迭香』(「三侠五義」翻案)短編集『そえもの』『そえぶし』
 古書店イベント団体「西荻ブックマーク」スタッフ。
 アイコンは新進気鋭のアーティスト山下昇平画伯による拙作画像です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR