スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉川重機先生ありがとうございます

bokuyou.jpg

『草子ブックガイド』でおなじみの漫画家、玉川重機先生が、拙著『墨妖』の画を描いてくださいました。
 おお、かわいらしい。きちんと唇の端にひとさし指が添えられているところが、いかにも窈ちゃんでございます。ありがとうございます。

問「『墨妖』はいつごろの物語なのですか?」
答「西暦でいえば1088年。『水滸伝』の少し前の時代です。実際に『墨妖』の主要人物の一人、大貴族の王晋卿と彼の所有する大庭園は『水滸伝』第二回に登場し、描かれています」
スポンサーサイト

山下昇平画伯から荷物が届きました

 どうやら、拙著『墨妖』関連でのお届け物らしい。
 さっそく中身を確かめてみます。

 すると。
横顔美人
 おおっ、横顔美人

 さらにさらに。
贈り物

 いろいろ詰め合わせ。

 画伯の許可をいただきましたので、
今後、宣伝も兼ねて、当ブログにて、順次アップしていきますね。
 お楽しみに。

こんな感じで、地図製作

地図製作中

 こんな感じで、著作の最初に掲載する地図を製作しています。
プロフィール

そえ

Author:そえ
 都内杉並区西荻在住。添田健一名義で、中国史をはじめとした歴史小説、ファンタジーを書いています。
 著書『墨妖』『迷迭香』(「三侠五義」翻案)短編集『そえもの』『そえぶし』
 古書店イベント団体「西荻ブックマーク」スタッフ。
 アイコンは新進気鋭のアーティスト山下昇平画伯による拙作画像です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。