スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「楊家将演義」

8FdXu.jpg


 「楊家将演義」(勉誠出版)がamazonより届いたっ!
 北宋時代の楊一族の物語です。
 本邦初翻訳。10数年待ちわびておりました。

 サブテキストと呼ぶべき「楊家将演義読本」も購入しました。

 ちなみに、拙著「そえもの」収録作の「碁石の怪」には
楊家将演義の主要人物、楊六郎と柴郡主が登場しています。[amazon]
スポンサーサイト
プロフィール

そえ

Author:そえ
 都内杉並区西荻在住。添田健一名義で、中国史をはじめとした歴史小説、ファンタジーを書いています。
 著書『墨妖』『迷迭香』(「三侠五義」翻案)短編集『そえもの』『そえぶし』
 古書店イベント団体「西荻ブックマーク」スタッフ。
 アイコンは新進気鋭のアーティスト山下昇平画伯による拙作画像です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。