【新刊】『キリンライナ 上 明の鄭和艦隊』

キリンライナ 上 明の鄭和艦隊

『キリンライナ 上 明の鄭和艦隊』
著者:添田健一
装画:玉川重機
編集:秋山真琴
発行:雲上回廊
頒布:第二十六回「文学フリマ東京」ア-34 雲上回廊
日程:2018年5月6日(日)
価格:900円
判型:A6(文庫本)
頁数:212ページ

購入方法詳細は、雲上回廊サイトのこちらへ。

キリンライナ上ノンクレジット

十五世紀初頭。大航海時代前夜。
「海の帝国」中国・明の永楽帝は鄭和率いる南海遠征艦隊を派遣。
第四次航海にしてアフリカ東海岸マリンディに到着。
現地国王よりキリンを朝貢される。
伝説の霊獣「麒麟」出現に沸く明は、
アラビアの貿易港市アデンの王立庭園アル・ハディーカに、
南京までの海上輸送を依頼する。
キリンの訓練士となる少女、鄭彩霞、
明の皇女、アラビアの航海士、ペルシアの設計技師、
マラッカ王妃、琉球の女武器商人、
多くの国の人物が手を携え、世界最高技術を駆使し、
史上初のキリンの遠洋輸送に挑む。
大航海ロマン開幕!

キリンライナ地図

スポンサーサイト
プロフィール

そえ

Author:そえ
 都内杉並区西荻在住。添田健一名義で、中国史をはじめとした歴史小説、ファンタジーを書いています。
 著書『墨妖』『迷迭香』(「三侠五義」翻案)短編集『そえもの』『そえぶし』
 古書店イベント団体「西荻ブックマーク」スタッフ。
 アイコンは新進気鋭のアーティスト山下昇平画伯による拙作画像です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR