FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史小説アンソロジー『世界史C』作品掲載

unnamed.jpg



 来たる2015年5月4日に開催される「第二十回文学フリマ東京」の歴史小説サークル「史文庫」(D-01)にて初頒布されます歴史小説アンソロジー第2弾『もっとあたらしい歴史教科書:世界史C』に添田の作品も掲載されます。
 主催者の唐橋史さんのブログ「史文庫」。

【添田健一『アデンにて』】
15世紀初頭。明の鄭和艦隊は、南京を出港して半年後に、世界最大の交易都市アラビアのアデンに到着する。艦隊に馬医として乗務していた少女、鄭彩霞(ザラ)は、この地で中華二千年の片思いの相手とめぐりあう。鄭和の南海遠征を背景に大航海時代の幕開けを描く。

【作品の一文抜粋】
歩きはじめる。ハザムが小走りに駆けていく。だが、彩霞はいま一度身体ごと振りかえる。吹きすさむ潮風に白い帆を垂天の雲のようにたなびかせている帆船を見つめて、永楽十二年九月九日、アデン寄港上陸とつぶやいてみる。(添田健一『アデンにて』より)

0Bnik.jpg
 上の画像の模型は、「アデンにて」のバックボーンとなる鄭和宝艦隊。

「教科書で妄想したっていいじゃない――」 学校で手にしてきた教科書も想像の羽を広げたらきっとこんなにおもしろい。<誰も知らない>世界史をテーマにした、総勢20名で送る歴史小説のアンソロジー。
 想像の翼を拡げれば、退屈だった教科書もきっとおもしろく見えるはず。大好評『日本史C』に続く歴史小説アンソロ第2弾。
<誰も知らない>歴史をテーマに、古代ギリシャから戦後アメリカまで、珠玉の作品を集めました。参加者の大胆な解釈(あるいは妄想?)を思う存分、お楽しみ下さい。

以下で、全収録作品の冒頭部分が試し読みできます。
創作文芸見本誌会場happyreading
pixiv
ブクログのパブ―

文学フリマWebカタログでは、全収録作品の紹介文も読めます。
文学フリマWebカタログ

twitterでは『世界史C』の特設アカウントが稼働しています。
各作品の紹介文、本文抜粋、お得な購入特典などが常時告知されております。
こちらも必見。
アカウント「@sekaishi_C」。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

そえ

Author:そえ
 都内杉並区西荻在住。添田健一名義で、中国史をはじめとした歴史小説、ファンタジーを書いています。
 著書『墨妖』『迷迭香』(「三侠五義」翻案)短編集『そえもの』『そえぶし』
 古書店イベント団体「西荻ブックマーク」スタッフ。
 アイコンは新進気鋭のアーティスト山下昇平画伯による拙作画像です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。