FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

添田健一『迷迭香 第二巻 迭の章』発売のお知らせ

ろーずまり3

【新刊のお知らせ】1/31(日)コミティア115会場と02bにて、
雲上回廊の新刊として『迷迭香 第二巻 迭の章』を頒布します。全三巻。
頭脳明晰な法医官、公孫先生の推理が冴えわたる白熱の第二巻。
詳細情報サイト現在制作中。

『迷迭香 第二巻 迭の章』
■作品あらすじ
北宋の京師(みやこ)開封(かいほう)での、不正高官たちをねらった怪事件はなおも続く。
女悪徳高利貸しの苗夫人の周囲で起きる不審な事件の数数。

姿なき犯人の動向の読めない犯行に、若き護衛官の展昭(てんしょう)率いる開封府の
捜査陣は翻弄されるばかり。そして、新たな犠牲者が凄惨な姿で発見される。

だが、頭脳明晰な法医官、公孫先生の冷徹な双眸は、ついに真実をとらえ、
驚くべき反撃の策で犯人を追い詰めるのであった。

極上の武侠エンタテインメイント、白熱の第二章!


■書誌情報
著者:添田健一
装画:山下昇平
編集:秋山真琴
発行:雲上回廊
頒布:コミティア115 と02b 雲上回廊
日程:2016年1月31日(日)
価格:600円
判型:A6(文庫本)
頁数:156ページ
部数:200部

【編集部より】
『迷迭香 第二巻 迭の章』は、『墨妖』の添田健一と山下昇平タッグによる最新作です。全3巻構成で、3巻は2016年5月発行予定です。
 本作は中国の古典小説『三侠五義』に現代日本風のアレンジを加えた翻案作品となります。『三侠五義』は中国清代に書かれた公案小説と武侠小説を組み合わせたもので、公案小説要素(公明正大なる裁きで、物事を正す)と武侠小説要素(義理人情に厚い武人が、悪人をこらしめる)を兼ね備えた作品です。

【購入方法】
『迷迭香 第二巻 迭の章』は雲上回廊より発行しております。文学フリマ等の即売会で直接販売をおこなっております。
 また、下記の書店様で取り扱っていただく予定です。
架空ストア(吉祥寺)
・古書 音羽館(西荻窪)
古書 ますく堂(池袋)
盛林堂書房(西荻窪)
(50音順、敬称略)

 通販での購入も対応する予定です。
Amazonから通販から通販する
架空ストアから通販から通販する
盛林堂書房から通販する
 電子書籍版も予定しております。

【リンク】
山下昇平さんのサイト:Shohey's Gallery/山下昇平ギャラリー

添田健一『迷迭香 第一巻 迷の章』発売のお知らせ

迷迭香

【新刊のお知らせ】11月23日(月祝)文学フリマ東京にて、雲上回廊の新刊として『迷迭香 第一巻 迷の章』を頒布します。全三巻。

『迷迭香 第一巻 迷の章』
■作品あらすじ
中国、北宋時代。京師(みやこ)開封(かいほう)にて、
不正高官たちの連続怪死事件が発生。

捜査に乗りだしたのは、
公正な裁きから「包青天」と呼ばれる包拯(ほうじょう)配下の若き護衛官、展昭(てんしょう)。
彼の前に美貌の女剣客、丁月華(ていげっか)と謎めいた童女の迷迭香(めいてつこう)があらわれ、
物語は幕を開ける。

頭脳明晰な法医官、四人の校尉、冥府の貴臣、
不穏な動きを見せる善悪さだかならざる男女。
多彩な人物たちが入り乱れるなか、事件は予測外の展開へと流れゆく。

極上の武侠エンタテインメイント開幕!

迷迭香全表紙

■書誌情報
著者:添田健一
装画:山下昇平
編集:秋山真琴
発行:雲上回廊
頒布:第二十一回「文学フリマ」D-01,02 雲上回廊
日程:2015年11月23日(祝月)
価格:600円
判型:A6(文庫本)
頁数:148ページ
部数:200部

【編集部より】
『迷迭香 第一巻 迷の章』は、『墨妖』の添田健一と山下昇平タッグによる最新作です。全3巻構成で、2巻は2016年1月、3巻は2016年5月発行予定です。
 本作は中国の古典小説『三侠五義』に現代日本風のアレンジを加えた翻案作品となります。『三侠五義』は中国清代に書かれた公案小説と武侠小説を組み合わせたもので、公案小説要素(公明正大なる裁きで、物事を正す)と武侠小説要素(義理人情に厚い武人が、悪人をこらしめる)を兼ね備えた作品です。

【購入方法】
『迷迭香 第一巻 迷の章』は雲上回廊より発行しております。文学フリマ等の即売会で直接販売をおこなっております。
 また、下記の書店様で取り扱っていただく予定です。
架空ストア(吉祥寺)
・古書 音羽館(西荻窪)
古書 ますく堂(池袋)
盛林堂書房(西荻窪)
(50音順、敬称略)
 通販での購入も対応する予定です。
Amazonから通販から通販する
架空ストアから通販から通販する
盛林堂書房から通販する
 電子書籍版も予定しております。

【リンク】
山下昇平さんのサイト:Shohey's Gallery/山下昇平ギャラリー

『ゆる本 Vol.26』作品掲載のお知らせ

20151110144115.jpg

題名:『ゆる本 Vol.26』
発行:雲上回廊
頒布:第二十一回文学フリマ東京 D-01,02 雲上回廊
日程:2015年11月23日(月)
価格:200円
判型:A5判オンデマンド
頁数:20ページ
部数:20部

「教えて子霞さん ~『墨妖』質問箱」
 2014年11月に刊行しました『墨妖』にて、読者からいただいた
質問に対して、子霞さんがわかりやすく丁寧に答えてくれます。

掲載作品
黒川ひかげ「ぱるっぴんぐぴっつぁメニュー集 訳者あとがき」
佐多椋「その資格」
氷砂糖「まあこんな未来も」
添田健一「教えて子霞さん ~『墨妖』質問箱」
秋山真琴「暗闇塔奇譚」

『ゆる本 Vol.25』作品掲載のお知らせ

20151006144950.jpg

題名:『ゆる本 Vol.25』
発行:雲上回廊
頒布:第一回文学フリマ福岡 あ-3 眠る犬小屋(委託)
日程:2015年10月25日(日)
価格:200円
判型:A5判オンデマンド
表紙画:松下利亜

内容
テーマ:剣

添田健一「鉄風烈火」
10世紀初め中国北の国境。宋にも契丹にも属さない女だけの要寨、穆家寨。二代目寨主、穆桂英襲名の巻。
『ゆる本』らしく、ゆるーい作品です。

掲載作品
添田健一「鉄風烈火」
氷砂糖「分岐まではのろのろ運転」
佐多椋「苦渋湖」
秋山真琴「墓碑銘」

「楊家将演義」

8FdXu.jpg


 「楊家将演義」(勉誠出版)がamazonより届いたっ!
 北宋時代の楊一族の物語です。
 本邦初翻訳。10数年待ちわびておりました。

 サブテキストと呼ぶべき「楊家将演義読本」も購入しました。

 ちなみに、拙著「そえもの」収録作の「碁石の怪」には
楊家将演義の主要人物、楊六郎と柴郡主が登場しています。[amazon]
プロフィール

そえ

Author:そえ
 都内杉並区西荻在住。添田健一名義で、中国史をはじめとした歴史小説、ファンタジーを書いています。
 著書『墨妖』『迷迭香』(「三侠五義」翻案)短編集『そえもの』『そえぶし』
 古書店イベント団体「西荻ブックマーク」スタッフ。
 アイコンは新進気鋭のアーティスト山下昇平画伯による拙作画像です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。